http://truthishere.net/higashihiroshima  

 TOP  問い合わせ          2007年に広島県で発生した冤罪・未解決事件の真相を追究しています。 
 
     東広島市女性暴行死事件の
          真相を追究する会




Truth is here
事件の概略 裁判の問題 真相への糸口 調査報告 情報提供募集 Q&A 更新履歴


<飯田氏の裁判の問題>
 A子さんを殺害した上、現金約146万円などを盗んだとして殺人罪と窃盗罪で逮捕・起訴された飯田眞史氏には、第三者に「怪しい」と感じさせるような事実が一応、色々あるにはありました。
 
 しかし、検察が裁判で有罪立証のために列挙した間接事実に漂う一見怪しい雰囲気は、事実関係を丁寧に検証すれば、「まやかし」に過ぎないことが明らかでした。

 しかも、裁判で明らかになった事実の中には、飯田氏を犯人と考えるには矛盾する事実や、別の真犯人が存在する可能性を示す事実もいくつもありました。

 にも関わらず、一審、二審、上告審を通じて裁判官たちは事実関係の真摯な検証を怠り、この事件の犯人ではない飯田氏を三度も犯人と認定し、それと同時に真犯人に罪を逃れる機会を与えてしまったのです。

 そんな飯田氏の裁判の主な問題を以下にまとめています。

 なお、この事件は背景事情が少々複雑ですので、先に<事件の概略>の(1)〜(8)を通読しておくことを推奨します。そうしないと、おそらく裁判の話は理解しにくいように思います

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

飯田氏の裁判の問題(1) 認定されたストーリーの不可解

飯田氏の裁判の問題(2) 事件とは全く無関係なことが有罪の根拠に

飯田氏の裁判の問題(3) 客観的状況より捜査関係者の憶測を信じる裁判官

飯田氏に裁判の問題(4) 作為的な証拠に簡単に騙される裁判官

飯田氏の裁判の問題(5) 根拠もなく罪証隠滅行為ということに

飯田氏の裁判の問題(6) 取調官の伝聞供述で犯人にされる裁判

飯田氏の裁判の問題(7) 犯人と考えるには証拠を残し過ぎの被告人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本HP運営責任者・片岡 健 MAIL
Copyright(C) Truth is here .net All rights reserved