http://truthishere.net/higashihiroshima  

 TOP  問い合わせ          2007年に広島県で発生した冤罪・未解決事件の真相を追究しています。
 
     東広島市女性暴行死事件の
          真相を追究する会




Truth is here
事件の概略 裁判の問題 真相への糸口  調査報告 情報提供募集 Q&A 更新履歴


事件の概略(1) 短期賃貸アパートで見つかった遺体

 この事件の現場となった短期賃貸アパートは、山陽新幹線東広島駅の約1キロ北東にあります。周辺には、民家やラブホテルが点在していて、車通りはそこそこありますが、ひとけはあまりありません。夜になると、しんと静まって寂しい雰囲気になる場所です。

 そんな場所にある2階建て短期賃貸アパートの一室で、被害者・A子さん(33)の遺体が発見されたのは2007年5月4日のことでした。

 A子さんは、東広島市内の実家で両親と暮らし、同市内の会社で事務の仕事をしていた女性です。遺体発見現場の短期賃貸アパートは、A子さん本人が8日前(4月26日)に契約していたものですが、家族は誰も、A子さんがこのアパートを借りていたことは知りませんでした。

 このあたりの事情がややこしく、誤認逮捕などを招いた原因の1つとも言えるのですが、A子さんがこのアパートを借りていた事情は後述します。まずはA子さんの遺体が発見された経緯を確認しておきましょう。

 話は5日前の4月29日に遡ります。A子さんはこの日の午後、自宅から車で外出したきり、行方がわからなくなっていました。そこで、心配した家族は、5月3日付けで東広島警察署に捜索願を提出しています。そして4日になって、自分でも独自にA子さんの行方を探したお兄さんが、東広島駅前の市営駐車場でA子さんの軽自動車を発見しました。

 このお兄さんによるA子さんの車の発見が、遺体発見の端緒となったのです。

 A子さんの車の中には、A子さん本人が契約者となった短期賃貸アパートの入居契約書が残されていました。しかし、先にも触れたように、A子さんがこの短期賃貸アパートを借りていたことは、ご家族の誰も知りませんでした。そこで、お兄さんは警察に連絡した上、警察官と一緒に短期賃貸アパートに赴きました。
 
 こうして、短期賃貸アパートの室内において、A子さんの遺体は発見されたのです。

 現場の短期賃貸アパートは1Kで、玄関を入ると正面に簡易なキッチン、左手にバスルームとトイレ、奥に8・5畳程度のリビングがあるという間取りです。
 A子さんの遺体が見つかった場所は、バスルームでした。

 Aさんの遺体は発見時、服は着たままでしたが、水がいっぱい溜まった浴槽
(※1)に頭から上半身を突っ込んでいて、一目で死亡が確認できる状態でした。お兄さんが遺体を抱き上げると、A子さんは顔面に傷や内出血が複数確認され、上唇が大きく裂けていて、生前に強度な暴行を受けたことは一目瞭然でした。

 なお、アパートの室内では、そのほかにも事件に関わる痕跡として、

1、水がいっぱいたまった浴槽の底には、A子さんのスーツのスカートが沈んでいた。

2、バスルームの前に置かれた洗濯機の中には、血まみれのタオルと、A子さんのスーツのジャケットが放り込まれていた。

3、リビングでは、大小様々な血痕がカーペットの床やテレビ、テーブル、椅子などに付着していた。

──などのことが確認されています。

こうした状況だけ見ても、謎めいた事件と言えるでしょう。
たとえば、A子さんの遺体がなぜ、服を着たまま、水がいっぱいたまった浴槽に頭からつっこんでいたのか?
また、スーツのスカートが浴槽の底に沈み、洗濯機の中にスーツのジャケットが血まみれのタオルと一緒に放り込まれていたのはなぜなのか?
そもそも、A子さんはなぜ、ご家族に告げないまま、短期賃貸アパートを契約していたのか……。

このような誰もが感じるだろう疑問点のいくつかについては、実は捜査や裁判でも謎のまま残されていて、弊会としても事件の真相を解明するための検討課題に位置づけています。

とまれ、遺体発見の翌日(5月5日)、広島県警捜査一課と東広島警察署は、この事案を殺人事件とみて、東広島警察署に100人態勢の捜査本部を設置し、この事件の犯人検挙に向けた捜査に乗り出したのです
(※2)


NEXT>>>事件の概略(2) 交友関係中心の捜査だったはずが……


※1 浴槽に水を注ぐ水道の蛇口はあいていて、水は糸を引くように出っぱなしでした。

※2 中国新聞2007年5月6日付け朝刊。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<事件の概略>

事件の概略(1) 短期賃貸アパートで見つかった遺体

事件の概略(2) 交友関係中心の捜査だったはずが……

事件の概略(3) 事件の6日前に出会ったばかりだった被害者と被疑者

事件の概略(4) 被害者と被疑者の6日間

事件の概略(5) 警察が間違った原因

事件の概略(6) 辻褄が合う被疑者の釈明

事件の概略(7) 「現場に容疑者の血痕」報道の真相

事件の概略(8) 被疑者には一見疑わしい事実があるが……

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本HP運営責任者・片岡 健 MAIL
Copyright(C) Truth is here .net All rights reserved